前撮りをするメリットとデメリットを紹介

前撮りとは、一般的に結婚式や成人式の前に撮影することをいいます。近頃は、結婚式や成人式の後に撮影する後撮りも人気となっていますが、結婚式当日のイメージや衣装のチェックができるなどの理由から、前撮りをする人も多いです。そんな前撮りは、撮影スタイルや衣装もさまざまで、撮影場所や衣装の組み合わせにより、『スタジオ撮影』、『ロケーション撮影』、『洋装』、『和装』の大きく4つのタイプに分けることができます。スタジオ撮影は天候に左右されず、好きな背景や小物に囲まれて撮影ができます。また、ロケーション撮影は季節感が感じられる場所や景色の良い場所で撮影することができるほか、衣装もウエディングドレスやカラードレスといった洋装から、白無垢や色打掛といった和装までお好みの衣装で撮影することができます。

結婚式や成人式の時に前撮りをするメリットとは?

結婚式や成人式当日というのは、想像している以上に時間がないもので、落ち着いて撮影する時間がないという場合も少なくありません。一生の思い出となる一枚を残したいなら、憧れの衣装や場所で思う存分撮影できる前撮りがおすすめです。例えば、結婚式や成人式の当日というのは事前に決めた衣装しか着ることができませんが、前撮りであればいろいろなタイプの衣装を着て撮影することができるので、結婚式当日はウエディングドレスを着るという場合でも、前撮りの際には白無垢や色打掛など和装での撮影も可能です。また、前撮りは結婚式や成人式の予行練習としても活用することができるというのも人気のひとつで、ヘアメイクや衣装合わせのリハーサルも兼ねて撮影を行うことができるのも前撮りをするメリットのひとつとなっています。

前撮りを検討している際に注意しておきたいポイント

憧れの衣装やロケーションで撮影できるのはもちろんのこと、最近ではペットと一緒に撮影できるとして人気の前撮りですが、前撮りは結婚式や成人式当日よりも前に撮影を行うため、当然費用が別途かかるというデメリットがあるほか、プロのカメラマンに依頼するとなると通常よりもさらに費用は高くなります。また、前撮りするとなると日程を確保する必要がありますが、土日祝日や桜が咲く季節などは特に前撮りを希望される人が多く、平日やオフシーズンに撮影するよりも費用が高くなる傾向にあります。その他にも、前撮りは結婚式や成人式当日よりもたくさんの写真を撮影するため、撮影時間もその分かかってしまうなどのデメリットがあるため、前撮りを検討している場合は、日程を含め十分な時間の確保が必要といえます。

スタイリッシュで本物の価値を求める大人の新郎新婦へ、和装の前撮りなら、豊富な衣装を取りそろえた華雅苑(かがええん)へどうぞ。 ターゲット層は、和装で和室や神社などでの撮影や結婚式を挙げたいカップルで、衣装選びからお色直しや撮影まで行います。 和装で結婚式を挙げ、日本人として祝福し、末永く幸せになってほしいというの華雅苑のお客様へのメッセージです。 前撮り作品をご希望ならジャパンブライダルファクトリー